オフィスの「オ」

Microsoft Officeを上手に使いこなすためのネタ帳ブログ

「ファイルを開く」ダイアログボックスを表示してファイルパスを取得する

<サンプルの内容>

Excelのワークシート上に配置したコントロールボタンを押すと「ファイルを開く」ダイアログボックスが表示され、ファイルを選択すると特定のセルにファイルのパスが表示されるサンプルプログラムです。

 

<サンプルコード>

Sub ボタン19_Click()

    'ファイルを開くで選択されたファイルパスをセルに表示する
    Cells(2, 2).Value = Application.GetOpenFilename("テキスト,*.txt")

End Sub

 

<結果>

1.シート上に適当に配置したコントロールボタンを押します。今回は「ボタン 19」という名前のボタンを作って配置してあります。

f:id:office-macro:20170318091747p:plain

 

2.「ファイルを開く」ダイアログボックスが表示されるので、適当なファイルを選択します。今回はテキストファイル(*.txt)のフィルターをかけてあります。

f:id:office-macro:20170318091906p:plain

 

3.ワークシートの上から2番目、左から2番目のセルに「ファイルを開く」ダイアログボックスで選択したファイルのフルパスが格納されました。

f:id:office-macro:20170318091948p:plain

 

<その他>

「ファイルを開く」ダイアログボックスを表示させた後に、ファイルを選択せずに閉じるとセルにはエラー文字(FALSE)が格納されてしまうので、「FALSE」以外を格納するような処理をおこなった方が良いでしょう。

 

END