オフィスの「オ」

Microsoft 365(Microsoft Office)を快適に使いこなすためのネタ帳ブログ

Excel マクロ・VBA

【VBA】Word を起動して同時に新規文書を作成する方法

VBAでWord(ワード)を起動する VBAでWord(ワード)を起動するために必要なコードです。 'オブジェクトの箱を準備Dim wordApp As Object'オブジェクトにワードアプリ(文書なし)を作成するSet wordApp = CreateObject("Word.Application")'ワードアプリを…

【Excel VBA】シート上のボタンを押すと「ファイルを開く」ダイアログが表示されファイルパスを取得する方法

<サンプルの内容> Excelのワークシート上に配置したコントロールボタンを押すと「ファイルを開く」ダイアログボックスが表示され、ファイルを選択すると特定のセルにファイルのパスが表示されるサンプルプログラムです。 <サンプルコード> Sub ボタン19_…

【エクセルVBA】シートの上に配置したボタンを押すとセルに文字が表示されるサンプル

ボタンを押すとセルに文字が表示されるサンプル 今回は、シートの上に配置したボタンを押すと、セル内に文字が表示されるエクセルVBAのサンプルです。 ※シートの上にボタンを配置する方法については、以前に書いた記事「【エクセル】シートの上にマクロを実…

【エクセル】シートの上にマクロを実行するボタンを配置する方法

シートの上にマクロ実行ボタンを配置する 今回は、エクセル(Excel)のシートの上にマクロを実行する「ボタン」を配置する方法と手順の記事です。 ※シートの上にボタンを配置するには、メインタブに「開発」タブを表示する必要がありますので、こちら「エク…

【Excel VBA】VBAでセルを選択する方法

例えば「A1」のセルを選択するには以下の2つの方法があり、どちらも選択されるセルは同じです。 ①セルで選択する場合 Cells(1, 1).Select ②レンジで選択する場合 Range("A1").Select <結果> 上から1番目、左から1番目の「A1」のセルが選択されます。 …