オフィスの「オ」

Microsoft 365(Microsoft Office)を快適に使いこなすためのネタ帳ブログ

【エクセル】オートSUMで合計値を自動的に計算する方法

f:id:office-macro:20200911091603j:plain

便利な「オートSUM」機能

エクセルにはセルの数値を自動的に計算する「オートSUM」という便利な機能があります。

この「オートSUM」を利用すると、選択された範囲の数値の合計や平均値、個数や最大値、最小値などを簡単に取得したり計算することができます。

ということで、今回はこの「オートSUM」機能を利用して「合計」を計算する手順を説明したいと思います。

f:id:office-macro:20201226002806p:plain

「オートSUM」で合計を自動的に計算する方法

<手順説明>

① まず、数値の合計を入れたいセルをクリックして選択します。

f:id:office-macro:20201226011351p:plain

② 次に上部にあるメインタブの「数式」をクリックします。

f:id:office-macro:20201226012643p:plain

③ 次に「数式」リボンの機能一覧から「Σ」ボタンをクリックします。

f:id:office-macro:20201226012743p:plain

④ 「Σ」を押すと、自動的に合計を求める式、今回のサンプルの場合は SUM(B3:D3) が自動的に作られるので、確認して「Enter」キーを押します。

f:id:office-macro:20201226013326p:plain

⑤ これで一人目の田中さんの「国語+数学+社会」の合計点数がセルに入りました。

f:id:office-macro:20201226122555p:plain

⑥ 次に、田中さんの合計点数と合計を求める式が入ったセルの右下の小さな ■ を下方向にドラッグします。※ドラッグとはマウスの主ボタンを押したままマウスを移動させる操作のこと。

f:id:office-macro:20201226122923p:plain

⑦ 各行の「合計」セルに、田中さんと同じ横方向の合計を求める式が自動的に入力され、それぞれの行に合計値が入ります。

f:id:office-macro:20201226125050p:plain

⑧ 以上で「オートSUMで合計を自動的に計算する方法」の手順説明は完了です。

f:id:office-macro:20201226125931p:plain

大変お疲れ様でした。

備考・その他

「オートSUM」は行だけでなく「列」の合計値を求めることができます。

f:id:office-macro:20201226131102p:plain

END