オフィスの「オ」

Microsoft 365(Microsoft Office)を快適に使いこなすためのネタ帳ブログ

【Excel】ブックにマクロを保存する方法と手順

通常のブックにはマクロを保存できない!?

Excel には、Excel 上のいろいろな操作をプログラム化して実行する「マクロ」という機能がありますが、セキュリティー上の問題から通常のブック(xlsx 形式)には保存できないように制限されています。(※マクロの作成と実行は可能)

f:id:office-macro:20210726075417p:plain

ブックにマクロを保存する方法

作成したマクロをブックに保存する場合は、通常のブック(xlsx 形式)ではなく、マクロを保存することができるマクロ有効ブック(xlsm 形式)として保存する必要があります。

~ 手順 ~

① マクロを作成した xlsx 形式のファイルを保存しようとした時に表示されるインフォメーション画面で「いいえ」をクリックします。または、「ファイル」⇒「名前を付けて保存」をクリックします。

f:id:office-macro:20210726075718p:plain

② 画面が「名前を付けて保存」に切り替わるので、ファイル名の次にあるファイル形式選択ドロップダウンメニューからExcel マクロ有効ブック (*.xlsm)」を選択し、最後に「保存」をクリックします。

f:id:office-macro:20210726063252p:plain

③ 新たにマクロが有効(保存可能)になったブックが作成されます。マクロを有効にする前のブックも残りますので、バックアップとして保存しておくか、不要な場合は削除します。

f:id:office-macro:20210726081924p:plain

以上です。

備考・その他

ブックの「自動保存」機能をオンにしている場合も、xlsx 形式のブックにマクロを作成・追加すると以下のような警告がでます。この場合も同様に xlsm 形式で保存してください。一度 xlsm 形式で保存すればその後は警告は表示されなくなります。

f:id:office-macro:20210726064010p:plain

END