オフィスの「オ」

Microsoft 365(Microsoft Office)を快適に使いこなすためのネタ帳ブログ

【Excel】グラフの右側にも軸を追加する方法(グラフの2軸化)

グラフを作成して右側にも軸を追加する方法

エクセルのグラフを作成し、グラフの右側にも軸を追加する(グラフを2軸化する)方法と手順の説明です。グラフを2軸化すると差の大きいデータを一つのグラフにまとめることができるので覚えておくと便利です。

<手順>

① 表の作成

任意の表を作成します。※今回のサンプルは年間光熱費表です。

f:id:office-macro:20210801081344p:plain

② マウスで表を選択

マウスのドラッグで表全体を選択します。(マウスの左ボタンを押したまま「A2」セルから「M6」セルまでマウスポインターを移動させる)続けて「挿入」リボンの中の「おすすめグラフ」をクリックします。

f:id:office-macro:20210801082832p:plain

③ グラフの種類を選ぶ

グラフの選択画面が表示されるので、その中から適当なグラフを選択して「OK」ボタンをクリックします。

f:id:office-macro:20210801083032p:plain

④ グラフの完成

これでシートにグラフが挿入されました。

f:id:office-macro:20210801083212p:plain

⑤ グラフを2軸化する準備

挿入されたグラフから2軸化したいラインを選んで「右クリック」します。メニューが表示されるので「データ系列の書式設定」をクリックして選択します。

f:id:office-macro:20210801083311p:plain

⑥ データ系列の書式設定画面の表示

エクセル画面の右側に「データ系列の書式設定」のメニュー画面が表示されます。

f:id:office-macro:20210801093453p:plain

⑦ グラフの2軸化

「データ系列の書式設定」のメニューから「系列のオプション」の「第2軸(上/右側)」をクリックして選択すると、右側にも軸が表示されグラフが2軸になります。

f:id:office-macro:20210801094035p:plain

グラフの2軸化の手順は以上です。

備考・その他

追加された右軸の書式は、グラフ右軸の数値をクリックすることで変更できます。

f:id:office-macro:20210801094446p:plain

END

 

【Excel】よく使われる関数4種類(SUM、IF、LOOKUP、VLOOKUP)の使い方と基本サンプル

~ もくじ ~

 

SUM 関数

SUM(セルやセルの範囲を指定)

説明:セルの値を合計する関数

<使用例>

① 列の合計値を計算

f:id:office-macro:20210726210220p:plain

② 行の合計値を計算

f:id:office-macro:20210726211608p:plain

③ 連続しないセルの合計値を計算

f:id:office-macro:20210726213747p:plain

※連続していないセルを複数選択するには、「Ctrl」キーを押しながらマウスの左クリックでそれぞれのセルを選択します。

IF 関数

IF(条件,一致した場合,一致しなかった場合)

説明:条件に一致しているか判断して結果を返す関数

<使用例>

味が「味噌」の場合に「食べる」を返し、それ以外は「食べない」を返します。

f:id:office-macro:20210726222913p:plain

B2内の関数 ⇒ =IF(A2="味噌","食べる","食べない")
B3内の関数 ⇒ =IF(A3="味噌","食べる","食べない")
B4内の関数 ⇒ =IF(A4="味噌","食べる","食べない")

LOOKUP 関数

LOOKUP(検索する値,検索範囲,結果範囲)

説明:指定の範囲を検索し指定された範囲から値を取り出す関数

<使用例>

部品番号のA列2~5のセルから"0003"という文字を検索し、見つかった場合は結果範囲の上から3番目の値「ハンドル」を返します。

f:id:office-macro:20210726225802p:plain

ポイント!

結果範囲は検索範囲に隣接している必要はありません。下のように離れていても同じ結果「ハンドル」を返すことができます。

f:id:office-macro:20210727105241p:plain

VLOOKUP 関数

VLOOKUP(検索する値,検索範囲,結果の位置,オプション)

説明:LOOKUPに似てますが、違いは値を取り出す列を範囲ではなく、左から数えた数値で指定するところ

<使用例>

A列の商品番号で検索し、その行の左から3番目のデータ「長野県」を返します。

f:id:office-macro:20210727091318p:plain

※ VLOOKUP 関数は LOOKUP 関数のように結果範囲を指定できませんので、検索範囲の中に結果を取り出すセルまで含める必要があります。

※一致オプションは、完全一致「FALSE」と近似一致「TURE」のどちらかを指定できます。指定しなかった場合は近似一致「TURE」として扱われます。近似一致にすると同じ商品番号がない場合でも近い商品番号の値を返します。

備考・その他

VLOOKUP 関数の近似一致について・・・検索値を「125」にすると、完全一致の場合はエラーとなって値を返しませんが、近似一致の場合は似た値「120」の「長野県」という値を返します。

END 

 

【Excel】ブックにマクロを保存する方法と手順

通常のブックにはマクロを保存できない!?

Excel には、Excel 上のいろいろな操作をプログラム化して実行する「マクロ」という機能がありますが、セキュリティー上の問題から通常のブック(xlsx 形式)には保存できないように制限されています。(※マクロの作成と実行は可能)

f:id:office-macro:20210726075417p:plain

ブックにマクロを保存する方法

作成したマクロをブックに保存する場合は、通常のブック(xlsx 形式)ではなく、マクロを保存することができるマクロ有効ブック(xlsm 形式)として保存する必要があります。

~ 手順 ~

① マクロを作成した xlsx 形式のファイルを保存しようとした時に表示されるインフォメーション画面で「いいえ」をクリックします。または、「ファイル」⇒「名前を付けて保存」をクリックします。

f:id:office-macro:20210726075718p:plain

② 画面が「名前を付けて保存」に切り替わるので、ファイル名の次にあるファイル形式選択ドロップダウンメニューからExcel マクロ有効ブック (*.xlsm)」を選択し、最後に「保存」をクリックします。

f:id:office-macro:20210726063252p:plain

③ 新たにマクロが有効(保存可能)になったブックが作成されます。マクロを有効にする前のブックも残りますので、バックアップとして保存しておくか、不要な場合は削除します。

f:id:office-macro:20210726081924p:plain

以上です。

備考・その他

ブックの「自動保存」機能をオンにしている場合も、xlsx 形式のブックにマクロを作成・追加すると以下のような警告がでます。この場合も同様に xlsm 形式で保存してください。一度 xlsm 形式で保存すればその後は警告は表示されなくなります。

f:id:office-macro:20210726064010p:plain

END