オフィスの「オ」

Microsoft 365(Microsoft Office)を快適に使いこなすためのネタ帳ブログ

【Excel】セルからはみ出す文字列をセル内に収める方法 ~ 折り返し・改行 ~

f:id:office-macro:20200911091603j:plain

セル内の文字列を改行する方法

エクセルはセル内の文字列を自動で改行しません。そのため、セルの幅以上の文字列はセルからはみ出し一行で表示されることになります。

f:id:office-macro:20210107203446p:plain

さらに、右側のセルに入力されたデータや文字列があると、その下に潜り込んでしまい読めなくなります。

f:id:office-macro:20210303224551p:plain

文字列をセル内に収める方法(その1)

① セル内の長い文字列をセル内に収めるには、文字列が入ったセルを選択してから配置の「折り返して全体を表示する」をクリックします。

f:id:office-macro:20210107203813p:plain

② セル内からはみ出していた長い文字列が、セルの横幅に合わせて(セルの横幅はそのままで)自動で折り返され一つのセル内に収まります。

f:id:office-macro:20210107203824p:plain

文字列をセル内に収める方法 その2

① もう一つの方法は、文字列の途中で改行を入れる方法です。文字列が入ったセルをダブルクリックしてセル内にカーソル「|」を表示させてから、キーボードの「Alt + Enter」で改行させます。

f:id:office-macro:20210107203836p:plain

② この「Alt + Enter」での改行を使うと表を見やすくすることができるのでとても便利です。

f:id:office-macro:20210107203847p:plain

説明は以上です、大変お疲れ様でした。

その他・備考

セル内の長い文字列を折り返して全体を表示する方法は「セルの書式設定」ウィンドウからも設定することができます。

f:id:office-macro:20210107210739p:plain

END